読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想い出はモノクローム

女の子 雑記

大瀧詠一の「君は天然色」の一節ですね。

確かにその通りで、人間は過去を忘れるわけです。美化することもあれば、本当に忘れ去りたくて、記憶から消し去りそうとしたりする。ただ、どちらにせよリアルな体験感は薄まっていき、カラーからモノクロへ…

 

 まじで、ギアスの力でルルーシュに記憶消し去ってほしいとか思っていますが

 

コンプレックスの「1990」の「今全ての想い出を投げ捨てて」とかも思い出したりしましたが。

 

まあ、それでも何とか明るい未来が待ってるんじゃないかと思ってみるよ、おっさんだけどな

 

誰に対して言ってるのかはわかりませんが。

 

えーと、何故かですね…

 

人妻と花のイベントを見に行って、食事をするという

 

前回とは別の人ですが。仕事絡みで旦那も知っているという点は一緒。おまけに年上なのも一緒ですが。

 

いや、まじ、行けんじゃねとか思ったりしますがね。色々と問題があるのでそれはしないです。

 

しかし、本当はそれをしないのは失礼なのではないかという気持ちもあったりなかったり…正解はわかりませんが。

 

いや、それなりに楽しいからそれはそれでよいんですが、求めているものがそれかというと…

 

やはり、そーではない

 

やることが全てとは思わないけど、

 

やることは大切。さらにその相性も大切。

 

と思ったりもするわけです。

 

昔からわりといちゃつくのは好きなんで…その辺りは思春期からあまり変わっていないという…

 

それだけでは満足できない身体になっているのも確かですが

 

さて、実は一昨日の月曜日から旅行に行く予定だったんですがね。会社の昇任試験とやらがバッティングしやがって、キャンセルせざるを得なかった訳です。

 

別に昇任したいと思っている訳ではないので、どーでもよいんですが

 

とはいえ、今後も仕事続けていくのにぶっちぎる訳にもいかないかなという考えもあり、

 

ま、開き直りが足りない

 

ってことですかね。

 

ま、でも日曜日までは折角なんで休んでやりますよ。

 

という訳で今日は休みですが予定はありませぬ。

 

明日も明後日も何もないです。旅行行くはずだったんで。

 

犬だいて1日過ごすことも考えましたが、とりあえず何も考えられないけど外出てきました。

 

とりあえず新宿方面向かいます。

 

しかしこのままだと

 

連続でお姉ちゃん関係の店行って(もしくは呼んで)しまいそうなので

 

ある程度自分に歯止めをかけようかなと

 

せめて旅行で使う予定だった金額位に押さえる努力をする

 

ようにしてみますかね。